範囲検索


<>、あるいはbetween のような不等号でも、前述した 等号と同じようにインデックスを使うことができます。LIKE フィルタでも、ある一定の条件下では、範囲検索と同じくインデックスを 使うことができます。

これらの処理を行う時には、複合インデックスの列の 順番に制限が生まれます。この制限により、最適なインデックスの 使い方を無視してしまうこともあります。「正しい」列の順番を 定義できない類のクエリもあるということです。

Photo of Markus Winand
Markus Winand氏は、開発者がSQLパフォーマンスを改善するお手伝いをしています。 彼は、SQL Performance Explainedの 著者でもあり、出張トレーニングhttp://winand.at/での リモート講義も 行っています。