パフォーマンスとスケーラビリティ


この章では、データベースのパフォーマンスとスケーラビリティに ついて取り上げます。

ここでは、スケーラビリティを以下のように定義します。

スケーラビリティとは、
処理量の増大を制御できる、システムやネットワーク、
プロセスの個々の能力であり、
また、
その増大に適応できるようそれらを拡張できる能力である。

実際には2つの定義が含まれていることが分かるでしょう。1つは システムに対する負荷の増大の影響、2つ目はさらなる負荷を扱うために システムを成長させることです。

2つ目の定義が、1つ目よりもより一般的なものでしょう。誰かが スケーラビリティについて話している時、ほとんどの場合それはより多くの ハードウェアを使うことです。スケールアップスケールアウトは、ウェブ スケールのようなバズワードで補完されたりもする、 キーワードでしょう。

初心者からエキスパートまで役に立つ内容です。
特に駆け出しのエンジニアは持っておくといい

大ざっぱに言うと、スケーラビリティとは、環境の変化による パフォーマンスへの影響のことです。ハードウェアは、変わり得る 環境のパラメータの1つでしかありません。この章ではそれ以外の、データ量や システムの負荷と言ったパラメータについて取り上げます。

Photo of Markus Winand
Markus Winand氏は、開発者がSQLパフォーマンスを改善するお手伝いをしています。 彼は、SQL Performance Explainedの 著者でもあり、出張トレーニングhttp://winand.at/での リモート講義も 行っています。